プロミス (SMBCコンシューマーファイナンス)

300×250
>>公式サイトはこちら<<

「4.5%~17.8%の低金利(実質年率)」+「30日間の無利息期間(※1)」+が魅力!

SMBCコンシューマーファイナンスの大手キャッシング業者プロミス。インターネットバナー、電車内の交通広告、テレビCMで見かけることも多く、安心して利用できる業者のうちの1社です。かつてから大手4大消費者金融の一角を占め、金利面では消費者金融系の中でも最も低いクラスを採用してきましたが、三井住友フィナンシャルグループ系列に組み込まれたことで、利息制限法の上限いっぱいの18%をとらずに年利17.8%で他社との差別化を図っています。

無人契約機を多数設置し、申込みからカード発行、融資まで即日可能な消費者金融系の業者としては最低の金利(実質年率)を誇ります。また、最長で30日間の無利息期間も注目のサービスとなっていますが、無利息期間を利用するために登録が必須のポイントサービスも実は隠れた優れモノ。ポイントサービスを利用することで、提携ATMの利用手数料が最大で1ヶ月の間、無料になるのです。

年利が低い上に「隠れ金利」とまで言われ出しているATM手数料まで無料になるサービスがあるのですから嬉しいですよね。

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

実質年率は即日キャッシング業者最低レベルの17.8%
利息制限法が改正され、100万円未満の利用の場合は年利上限が18%までと定められました(10万円未満の場合は20%)。そのため、ほとんどのキャッシング業者が横並びで金利(実質年率)を18%で設定しています。

それに対してプロミスは年利17.8%を上限としています。たった0.2%の差ではありますが100万円を借り入れた場合、18%の業者に支払う利息より2000円ほど利息が安くなります。キャッシングは長期にわたって返済することが多いため、この0.2%の差が元本返済の違いに結びついてくるため、後々の利息も安くなってきます。最終的な返済額では2万円から3万円も返済額が多くなるケースがあるから、特に低金利(実質年率)である点には注目しておくべき点でしょう。


無利息期間 今なら、申込み→即、30日間の無利息適用
プロミスには最長30日間の無利息期間サービスがあります。30日間無利息であるとどうなるか感覚的につかむことは非常に難しいですが、最初の返済額が全て元本に充当されるので、実質的に「キャッシングした額」-「最初の返済額」が利息が付く対象の借金となると思って良く、キャッシングした額から逆算して計算すれば年利がその分低くなることも意味します。

現状では、この30日間の無利息期間はポイントサービスに申し込むと自動的にサービスを受ける権利が獲得できます(いつ使ってもOK)。ポイントサービスはサービス加入(100ポイント)やメールでのお知らせ受信時(5~20ポイント)にポイントが貯まるシステム。40ポイント使えば最大30日間、提携ATMの手数料が0になるのですから見逃せないお得なサービスなのです。


貸出額 最高融資限度額500万円。100万円以上だと年利は15%以下に
プロミスの最高融資限度額は500万円となっていて、貸金業法に定められた総量規制、つまり一人の個人が借りられるのは年収の3分の1までという規定から、900万円の収入がある人なら理論上は300万円を貸出限度額としたキャッシングカードを作ることが可能になります。

100万円以上の利用がある場合には、利息制限法から年利の上限が15%になるため、表示されている実質年率内の「4.5%~17.8%」の年利幅の中で4.5%~15%の利率が利用者側の条件などによって決められることになります(利用者個々の条件によって適用されるが変わってくるため、具体的に何%が適用されるかは電話かWebによって詳細な審査が行われないと算出されない)。


審査の早さ 最短30分程度の審査時間で融資限度額までの審査が終了する
プロミスの審査は早いことで定評があります。これは利用者の個人特定と金融事故情報がないかを個人信用情報機関に問い合わせ、その情報を元に多くのノウハウを持った審査部が素早い診断を下すからです。50万円以内の希望利用額の場合なら最短30分です。

電話、Web経由の審査を利用した場合には職場への在職確認や職場の業種、給与相場などを勘案して貸し出し上限額まで決められます。免許証など本人情報確認書類も写真をメールで送付すればいい形なので、最短30分15分前後の審査で審査通過後であれば、その直後から無人契約機でカード発行が可能になるか、または手続きが終了した時間が早ければ即日の振込融資が実行されることもあります。


即日融資 審査通過後はいつでもキャッシングOK
電話、Web経由の審査で本人情報確認書類まで提出が終わり、審査でカード発行がOKになると無人契約機に赴けばいつでもカードを手にすることができるようになります。カード発行を受ければ、その時点で無人契約機ブース内か横に設置されたATMを利用してカードの貸し出し上限額までキャッシングを受けることができるようになるでしょう。

また、平日(銀行振込が可能な日)の14時までに契約が完了していれば、カードの発行を受けていなくても自分の銀行口座に希望額を振り込んでもらうこともできます。このような形で、プロミスでは即日キャッシングが可能になっているのです。


468 × 60
>>公式サイトはこちら<<



このページの先頭へ