オリックスVIPローンカード

脅威の低金利。800万円まで融資枠設置可能

オリックスVIPカードローンは、プロ野球チームのオーナーとしても知られるオリックスグループのノンバンク、オリックス・クレジットがサービス提供するカードローンです。クレジットカード会社、消費者金融会社という貸金業法の規制の対象であるノンバンクは、利息制限法の改正で上限金利いっぱいの18%に年利を設定してくることが多くなりました。ところが、オリックス・クレジットはオリックスVIPローンカードの年利を50万円以下の利用の場合、年利の上限を14.8%に、50万円を超え100万円以下の場合、12.0%に設定してきたのです。

100万円の利用の場合、6%も年利が違ってくることがあるのです。目安として年間6万円、月々5000円も利払いだけで違ってくるのだから、そのお得度は凄いものでしょう。

また、ノンバンク系のカードローンでも、融資限度額が800万円まで設定できます。金利が安く高額な融資を受けることもできるわけですから、おまとめローンとしても使えるわけです。


インターネット取引でカード到着前でも即日融資可能
オリックスVIPカードローンは、後に詳しく触れるように貸付の上限設定が800万円で低金利という、ローンカードの中でも際だった存在になっています。それだけに、申込みから審査完了、そして融資実行までにかなりの時間を要するのではないかと思いがちなのですが、それは事実を知らないで勘に頼った類推をしているだけ。

実際に即座の資金が必要な人には、インターネットからの申込みで即日審査が行われ、審査に通ると、その旨の通知がメールで時間をおかずに到着します。そしてWebで契約の最終確認をすると、インターネット経由の申込みで振込融資「即契」が利用できるのです。

申込み当日中の融資を受けるには14時半までに契約内容の同意までしていることが必要となりますが、カードの到着を待つことなく融資まで利用できることになるのです。


貸付上限は800万円と業界最高クラス
利用できる金額は800万円までとノンバンク系では最高額クラス。
ノンバンクですから貸金業法の対象となり、利用可能額の設定は年収の3分の1以内に限定されますが、50万円コース、100万円コースと利用可能額を金額帯に限った契約に対応していて、借りられるか否かのオール・オア・ナッシング方式ではないことを理解すべきです。
自分ならいくら利用できるのか、という認識を持って申し込めば、収入や生活状況に見合った利用コースが提示されることは十分理解できるでしょう。

おまとめローンとして利用を考えている人は、貸金業法の対象であることに注意が必要です。借り換えをしようとしても、新たな借り換えも含む金額が年収の3分の1以内に限定されるので、事実上、オリックスVIPIローンカードはおまとめローンには不向き。もし、複数債務の一本化を考えているのなら、同じオリックスグループのオリックス銀行「バンクプレミア」を利用することを考えるのが現実的です。


利用額に応じて、大きく引き下げられていく金利設定
オリックスVIPローンカードの金利設定ですが、利用金額が増えていくと段階的に引き下げられる方式となります。

50万円コース(50万円までの利用額)から150万円コースの場合(50万円を超え150万円以下までの利用額)で上限金利は14.8%

200万円コース(150万円を超え200万円以下の利用額)から250万円コース(200万円を超え250万円以下の利用額)だと12.0%

300万円コース(250万円を超え300万円以下の利用額)だと11.8%

350万円コース(300万円を超え350万円以下の利用額)から500万円コース(450万円を超え500万円以下の利用額)までで6.9%

550万円コース(500万円を超え600万円以下の利用額)から800万円コース(750万円を超え800万円以下の利用額)で5.8%

となるのです。
ノンバンク系では抜きん出て低金利であり、銀行系のカードローンでもなかなか実現できない金利を採用しています。


ATM手数料は全て無料
オリックス・クレジットは専用ATMを設置していません。それゆえに、ATM手数料を取ってしまうと、利用者の実質的な負担が表示されている金利以上に上がってしまうことになります。そこでATM設置会社との間に発生するATM手数料は、オリックス・クレジット側が負担することになり、提携ATM利用時の手数料は一切かからないシステムになっています。

他のクレジットカード会社や、消費者金融系のローンカードはコンビニのATMを利用する場合、借入時、返済時共に1万円以下の利用時は105円、1万円を超える利用額がある場合は210円の手数料が発生することになります(一部例外有り)。

返済時に1万円以上の金額を返済して、それと同時に1万円以上を借り入れると420円もの手数料がかかることになり、それが積み重なるとバカにならない金額になってきます。その点でも利用者の負担は軽減されているサービスなのです。


カードレスサービスなら更に0.2%の優遇金利
ほとんど注目されていないサービスなのですが、オリックスVIPカードローンには、カードレスVIPという特殊な会員形態が存在します。カードローンというサービス名なのに、カードが一切発行されないサービスです。

カードが発行されないのですから、直接を利用することはできないのですが、インターネットで会員ログインし、カードレスVIPの利用可能額からその都度、自分の銀行口座に振込融資が実行できるのです。利用は365日24時間いつでもOK。振込手数料はゼロです。

さらに、カードが発行されないので、その分安くなったコストが金利で還元されています。一般のVIPカードローンでも金利が低い設定なのですが、カードレスならばそこから更に0.2%金利が引き下げられます。50万円の利用で実質年率は14.6%。それを知ってしまえば、わざわざカードを発行してもらう人はほとんどいなくなるかもしれませんね。




このページの先頭へ