新生銀行カードローン レイク


>>公式サイトはこちら<<

5万円までなら180日間無利息。5万円の借り入れのうち、利息付きは3万2000円のみ

ノーローンをサービス提供するシンキと同じく、新生銀行系の新生フィナンシャルグループ資本傘下消費者金融業者が新生銀行カードローンのレイクです。

ノーローンが「7日間何度でも無利息」で他社との差別化を図ってきましたが、レイクも「初めての利用なら30日間無利息」のサービスを取り入れ、さらに「5万円までの利用ならば180日間無利息」という画期的な企画まで打ち出しています。

5万円をキャッシングした場合、以下の項目で説明しているように有利子で3万2000円を借りたのと同意義になります。同じく無利息サービスを導入しているプロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録という手続きを取って初めて利用でいるのに対し、レイクは初めての利用の際に5万円180日間無利息か利用全額分を30日間無利息かを選択すれば、無利息期間が自動的に適用されるような仕組みになっているのです。

利用者の利便性を考慮したサービスはそれだけではなく、コンビニATM(セブン銀行)を利用した場合の手数料無料化したり、返済シミュレーションではただ単なる数字の羅列を表示するのではなく、グラフで債務がどのように減っていくのかが確認できるようなシステムを構築していたりもします。

新生銀行カードローン「レイク」が次にどのようなサービス方針をとってくるかによって、利用者のことを考えた消費者金融系キャッシングサービスの動向が変わってくる可能性もあるでしょう。


スピード審査で即日キャッシング可能
複数の無利息期間サービスまで取り入れている新生銀行カードローン「レイク」ですから、キャッシングを考えている人の気持ちは十分に理解しています。最も需要が多いと思われる申込日の即日カード発行、即日キャッシングは当然のことながら可能です。

PCや携帯電話からインターネットを介して申し込み手続きをすると、レイク側は職場への在籍確認などの手続きを進め、個人信用情報などを取り寄せて審査を行っていきます。それが終了していれば最大200万円まで融資額が融資可能かどうか審査結果が画面に表示されます。融資OKであれば契約画面で契約を交わし、FAXかメール添付の形で免許証など本人確認書類を送ります。

その時点でレイクの自動契約機に行けば、カードが即座に発行されカードを使ってキャッシングできますが、カードの発行手続きを郵送扱いにしておいて、振込融資を申込み融資希望額を自分の銀行口座に振り込んでもらうこともできるわけです。即日キャッシングの目的はそれで達成できるのですね。


初めての利用なら30日間、全額無利息サービス適用
最初に融資を申し込むとき、30日間の無利息サービスが適用されます。信じられない話かもしれないのですが、30日間の借入期間中は無利息。もし、30日以内に全額一括返済してしまえば、利息は1銭も取られません。ただ、この無利息期間サービスの適用は初めての利用の場合の1回のみとなります。

無利息期間中は、30日間何もしなくても良いのではありません。30日の間に返済日が必ずやってきますが、そのとき定められた最低返済金額分は返済しなければなりません。無利息期間中なのですから、その時返済した金額は全て元本に充当されます。つまり、50万円をキャッシングしたのならば初回の返済額が1万2000円以上なので最大で48万8000円、30万円をキャッシングしたのなら7000円以上の返済なので最大で29万3000円を有利子でキャッシングしたのと同じことになるわけです。利息がかかる元本が減ることになるのですから、後々の返済期間、総返済額も減ってくる計算になります。

事実上の利息低減策が無利息期間サービスなのだと考えて良さそうですね。


5万円までの利用が実質3万2000円の借り入れになることも
新生銀行カードローン「レイク」の場合、上に示した30日間の無利息期間の他に、5万円までの利用で180日間の無利息期間サービスを受けることもできます。利用者がどちらかを選択するような仕組みになっていて、5万円の180日間無利息サービスを選んだ場合、利用額が5万円を超えるとその時点で無利息期間は終了するシステムです。

こちらの5万円180日間無利息サービスを選んだ場合にも、無利息期間の180日の間も返済日はやってきますが、30日ごとに最低返済額の3000円を返済し追加の融資は受けないとすれば、毎回返済している3000円は全て元本に充当されることになるので、5万円-3000円×6回=3万2000円で、計算上は有利子で借りたのは3万2000円ということになるのです。

また、残高スライド方式で規定された最低返済額は、3000円が下限ですから、1万8000円の利用ならば全くの無利息キャッシングとなることも覚えておきましょう。


セブン銀行など提携ATMなら手数料が無料
新生銀行カードローン「レイク」のキャッシングの借り入れ、返済で利用できるATMは、レイクATM、新生銀行ATM、セブン銀行、ローソンATM、イーネットです。キャッシングに関するATM手数料は貸金業法の関係で有料化の動きが急ですが、レイクが利用できるATMは、借り入れも返済も手数料が無料。セブンイレブンなどのATMは365日24時間稼働していて、それが手数料無料で使えるのですから利用者にとっては有り難い限りなのです。

ちなみにコンビニATMで入出金ができるキャッシングサービスでも、業者によっては手数料が有料となります。セブンイレブンなどのATMでも同様。利用した場合、手数料有料のキャッシング業者もあるのです。1万円以上の利用の場合、1回あたりの手数料が210円。10万円の返済、10万円の出金を同時に行った場合など420円もの手数料が発生するケースもあります。それと比較すれば、レイクがセブンイレブンなどのATMで手数料無料なのが非常に魅力的なサービスであることがおわかりいただけるでしょう。


Web返済なら一切の手数料がかからない
返済日であることを忘れて家に帰ってきてしまった。セブンイレブンも近くにない。ま、明日でいいや、というのも無責任な話であり、更に無利息期間適用を受けている人になると返済日を過ぎてしまったら無利息期間中の利息を取られるばかりか、遅延延滞金まで発生することになってきます。

自分が返済日を忘れてしまうようなズボラな人間だ、と自覚しているような人は、是非、Web返済が利用できるような環境を整えておくべきでしょう。レイクのWeb返済とは、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行のネットバンキングを利用して返済する方式。365日24時間いつでも利用可能で、手数料は無料です。この返済方式を知っておけば延滞金などとは無縁になる可能性が高いでしょうし、Webを利用して貸付、返済ができるようになって利用できるATMの数も大きく増えます。レイクを利用するなら、とても便利なWeb返済が使えるようにしておくのがベストです。



>>公式サイトはこちら<<



このページの先頭へ